> 第5回健康寿命をのばそう!アワード 評価委員による審査のポイント

健康寿命をのばそう!AWARD 寿
  • 写真
  • 写真
  • 写真
  • 写真
  • 写真
  • 写真
  • 写真
  • 写真
  • 健康寿命をのばそう!アワード概要
  • 担当者が語る!受賞取組事例
  • 評価委員による審査のポイント
  • 昨年の露出実績

評価委員による審査のポイントレクチャー

  • 武見ゆかり先生
    武見ゆかり先生から見た
    審査のポイントはここ!
    女子栄養大学・大学院 教授
    (食生態学研究室)
    ポイントレクチャーを見る
  • 津下一代先生
    津下一代先生から見た
    審査のポイントはここ!
    あいち健康の森
    健康科学総合センター センター長
    ポイントレクチャーを見る
  • 中村正和先生
    中村正和先生から見た
    審査のポイントはここ!
    公益社団法人 地域医療振興協会
    ヘルスプロモーション研究センター センター長
    ポイントレクチャーを見る
  • 宮地元彦先生
    宮地元彦先生から見た
    審査のポイントはここ!
    国立研究開発法人
    医薬基盤・健康・栄養研究所
    健康増進研究部 部長
    ポイントレクチャーを見る

武見ゆかり先生 武見ゆかり先生から見た
審査のポイントはここ!
女子栄養大学・大学院 教授
(食生態学研究室)

ポイント1
新規性のある取組か

従来の取組にはない新しい試みの部分を強調してください。また,新しい試みを取り入れたことによる効果(実施途中ならば効果の見込み)を示していただくと,尚良いと思います。

ポイント2
波及性のある取組か

どんなに効果のある取組でも,特別な条件が整わないと実施できないものでは他組織・他地域への波及が見込めません。他への波及可能性のある取組か,或いは,どのような条件が整えば波及可能なのを説明してくださると良いと思います。

ポイント3
取組に参加した人や組織にとっての
具体的なメリットは何か

新しい取組に参加したり,取り入れてもらうには,それをやることの具体的かつ直近のメリットがあることが重要とされています。参加した人や組織にとってのメリットをできるだけ具体的に説明してください。

閉じる
津下一代先生 津下一代先生から見た
審査のポイントはここ!
あいち健康の森
健康科学総合センター センター長

ポイント1
健康寿命を延ばすための科学的根拠に
基づいた内容であること

「健康にいい」といわれる情報のなかには根拠が不明確なものが少なくありません。
他の模範となる取組ですから、健康寿命延伸との関連性が説明できることが必要です。

ポイント2
広く多くの人に取組んでもらえる、
魅力ある内容であること

ポピュレーションアプローチとして、国民の多くに訴求力があることが求められます。

ポイント3
事業の目的と実施内容、評価指標に整合性があること
適切な手法で評価されていること

事業のねらいを明確にし、それを達成できる内容が企画できているかを確認します。
また、取組を広げるためには効果があることが重要であり、それを適切な手法で確認していることが望ましいです。

閉じる
中村正和先生 中村正和先生から見た
審査のポイントはここ!
公益社団法人 地域医療振興協会
ヘルスプロモーション研究センター センター長

ポイント1
先進的・先駆的な取組であるかどうか

まず最初のポイントして、既成の事業に取らわれず、新しい発想が盛り込まれているか、目新しい手法が使われているかをチェックします。今後の事業の継続性や発展性についても合わせて審査します。

ポイント2
計画的に企画・実施され、
効果検証がされているかどうか

PDCAに基づいて事業の企画から評価に至る一連のプロセスが計画的にかつ手順を踏んで実施され、効果が確認されているかどうかをチェックします。取組の期間が浅く、アウトカム指標では評価できない取組については、プロセス評価の指標から健康寿命の延伸に照らして効果が期待できるかどうかを検討します。

ポイント3
好事例としての普及可能性があるかどうか

好事例として、他の自治体や企業、団体への普及が期待できるかどうか、普及した場合にどの程度の効果が期待できるかをチェックします。国や自治体、保険者等の立場で、政策として取り上げるとした場合、どの程度価値がある取組かという視点でも審査します。

閉じる
宮地元彦先生 宮地元彦先生から見た
審査のポイントはここ!
国立研究開発法人
医薬基盤・健康・健康・栄養研究所
健康増進研究部 部長

ポイント1
エビデンスやファクトに基づいていること?

多くの方を対象とした取組や介入ですので、計画や実施にあたっては、学術論文の成果や対象者の実態や現状といった、明確な根拠が必要です。

ポイント2
費用対効果に優れていること

いくら効果的な取組でもコストに糸目をつけないということでは永続性が望めません。マネをしたくなるような、マネできる取組の方が高評価です。

ポイント3
対象者に対する愛情を感じられること

対象者の健康増進や組織の医療費削減が主要な目的なのですが、対象者がハッピーになれることが本当のゴールかもしれませんね。

閉じる
close