スマート・ライフ・プロジェクト

SEARCH
  • ホーム
  • 活動報告
  • 【東海学院大学】【東海学院大学】若い世代に「適切な食生活」を学ぶ講座を開催~五大栄養素を摂取~

Smart Life Project活動報告

2019年 3月28日

【東海学院大学】若い世代に「適切な食生活」を学ぶ講座を開催~五大栄養素を摂取~

東海学院大学では、岐阜県各務原市、岐阜農業協同組合、各務原商工会議所と産学官連携協定を締結し、各務原市特産の「各務原にんじん」の普及にむけた様々な取り組みを展開しています。
今回、青年期を重点とした食育として、義務教育を終えた高校生を対象に、「高校生のための各務原にんじん料理教室」を実施し、「食」に関する正しい情報提供や調理体験の機会を提供しました。
第3回目のテーマは「五大栄養素を摂取」で、「~各務原にんじん主役の料理~」という内容で、各務原にんじんスコーンと各務原にんじんソースを作りました。五大栄養素(炭水化物、たんぱく質、脂質、ビタミン、ミネラル)は、義務教育で学習済みですが、高校生の日常の食生活の環境で、この意識を高める機会が少ないと考えます。そこで、マフィンの材料に、にんじん、小麦粉、砂糖、バター、卵、乳製品を使用し、食品の主な栄養素を見直すきっかけになるよう、五大栄養素の「はたらき」についても復習しました。
各務原にんじんを主役にした」スコーンを焼き、オレンジ色のきれいなにんじんソースを添えて、皿に盛り、焼きたてを試食しながら「にんじんを使った洋菓子」について「簡単に作れた」「子どもが喜びそう」「チーズを入れてみよう」など、様々な感想が得られました。

関連リンク

  • 厚生労働省
  • 健康日本21
  • e-ヘルスネット
  • がん対策推進企業アクション
  • 保健指導リソースガイド
  • ヘルスケアラボ
  • 喫煙対策
  • FUN+WALK