スマート・ライフ・プロジェクト

SEARCH

Smart Life Project活動報告

2019年2月21日

【マルゼン薬局】本通店 栄養指導報告

マルゼン薬局では常時管理栄養士が勤務しており、患者様の健康をバックアップできるよう、旬のレシピ、疾患別レシピ等を定期的に更新し、生活習慣病の改善や予防に努めて頂けるような取り組みをしております。
 また、お食事でお困りのことがあったり、食生活を改善されたい方には、管理栄養士による栄養相談・指導も実施しております。栄養指導はいつでもご予約いただけます。
 マルゼン薬局本通店では、1月に18件の栄養相談・栄養指導を承りました。
 
指導例)
 貧血気味の方からのご相談
人暮らしの男性で普段、食事は自分で調理しているということでしたので、食事に取り入れると良い食材を提案致しました。貧血にはレバーや赤身の魚など鉄分の多いものを意識して食べると良いことや、鉄分はビタミンCと一緒に取ると吸収率が良くなることをお伝えしました。また、お茶をよく飲まれるとおっしゃっていたため、お茶に含まれるタンニンという成分によって吸収が少なからず防がれてしまうとお伝えし、貧血についての資料をお渡ししました。
 
指導例)
 3~4年前から糖尿病に対して栄養指導を実施している患者様
以前から、バランスの良い食事を意識されている方で、毎日の食事を主食・主菜・副菜に分けて細かく記録されていたり、白米の量を茶碗一杯に抑えたり、野菜を意識して取るようにされてます。
 以前に比べて食事の量や内容は改善されてはいるものの、運動量や出かけた際のお酒を抑えることが出来ていないようなので、運動面では散歩をしてみるなど軽い運動から始めてみることをご提案。お酒に関しては、毎日ではなく休肝日を設けること、飲み会の際、糖分が多く含まれている梅酒やカクテルではなく、ワインや焼酎を選ぶなど、飲み会でのお酒の選び方を提案させていただきました。
 患者様とは、毎回目標を決め、次回達成度を聞くようにしており、今後も継続して指導を行いたいと考えています。
 
マルゼン薬局では、患者様個々に見合った資料やレシピの提案もさせて頂いています。毎回の栄養指導で次回までの目標を決めており、その目標も患者様とのお話の中で実践できそうなことを一緒に決めさせていただいております。食事や健康についてお困りのことがありましたら、気軽にご相談ください。

関連リンク

  • 厚生労働省
  • 健康日本21
  • e-ヘルスネット
  • がん対策推進企業アクション
  • 保健指導リソースガイド
  • ヘルスケアラボ
  • 喫煙対策
  • FUN+WALK