> 活動報告 > 2018年10月 >【株式会社 阪神調剤薬局】かたかご店 高岡市健康づくり活動報告

活動報告

2018年 10月17日

【株式会社 阪神調剤薬局】かたかご店 高岡市健康づくり活動報告

阪神調剤薬局 かたかご店では、富山県高岡市健康増進課からの依頼を受け、健康づくり出前講座において、「薬と上手に付き合いましょう」をテーマに健康講座を開催いたしました。
 当日は、とても暑い中であったにも関わらず、健康に対する意識の高い40名ほどの方にご参加いただき、「薬と正しく付き合うには、薬を毒としないことが大切です」という内容で講演いたしました。
 薬は、本来の使い方や飲み合わせを間違えると、主作用を得られないどころか、副作用へと繋がってしまう。薬とするか、毒となるかは表裏一体であることを具体例を挙げ説明し、医薬品適正使用についての正しい理解を促しました。
 また、会場からは「昼の薬を飲み忘れてしまうが、どうすれば良いか」「牛乳で薬を飲むとどうなるのか」「ジェネリック医薬品を薬剤師は、どう評価するのか」など沢山の質問をいただき、あらためて、おひとりおひとりの薬や健康に対する関心の高さを感じ、地域との連携を通して健康づくりを支援していくことの大切さを知る機会ともなりました。
 富山県高岡市健康増進課では、市民の行動目標として「※健康たかおか10か条」という取り組みを始めています。
 阪神調剤薬局かたかご店においても、この地域の取り組みを側面支援していくために、ニーズに合わせたイベントを開催していきたいと考えております。

日時:2018 年 7 月 2 日(月): 午前 10 時 ~ 10 時 40 分
内容:高岡市健康づくり「薬と上手に付き合いましょう」
場所:角公民館
※ 健康たかおか10か条とは:「健康寿命の延伸」「生活の質の向上」を実現するため、青壮年期から日常生活で実践することが望ましい10項目を目標に定め、普及・啓発を行っている

【株式会社 阪神調剤薬局】かたかご店 高岡市健康づくり活動報告