> 活動報告 > 2018年10月 >【たんぽぽ薬局 株式会社】たんぽぽ薬局南陽店 健康相談会及び熱中症対策として脱水症状についてお話ししました

活動報告

2018年 10月17日

【たんぽぽ薬局 株式会社】たんぽぽ薬局南陽店 健康相談会及び熱中症対策として脱水症状についてお話ししました

たんぽぽ薬局南陽店において、夏本番になる前に脱水症状についてのお話をしました。また、熱中症対策としてすぐに対応できるよう、実際に経口補水液を飲んでいただきました。
<日時>2018年6月29日 9:00~13:00
<参加人数>25人
<内容>
○リーフレットを用いて以下の内容をご説明しました。
・どうして高齢者が脱水症状になりやすいか?
・効果的な水分補給とは?
・どうして脱水症状になると脳梗塞や心筋梗塞のリスクがたかまるのか?
・高齢者と脱水の関係とは?
・誰でもできる脱水症状チェック方法って?
参加者からは、
・脱水症状の怖さについては前から気になっていた。
・ちょうど主人が脱水症状ではないかと思って受診して点滴を受けているので、今後の為に買っていく。
と仰っていただきました。

 

○2種類の経口補水液をご用意し、その飲みやすさの違いを個々に感じてもらい、他の飲料水と経口補水液の違いを体験いただきました。
参加者からは、
・1つの経口補水液は飲んだことがあるが、もう1つは初めて飲んだけど飲みやすかった。
・飲んでみてやっぱり味が嫌い。
などの声が聞かれました。
お茶での水分補給ではダメなの?の質問もありましたが、経口補水液は体液に近くて吸収がよく体に水分が留まりやすいこと、一方お茶では利尿作用により効果を得にくいことをお伝えしました。

当店では熱中症などで体調不良を感じた方が店内に入って休憩してもらえるよう環境を整えています。その旨ポスターを掲示、給水器・塩飴の常備により水分と塩分を補給して一服できるように準備していることをご案内しました。

【たんぽぽ薬局 株式会社】たんぽぽ薬局南陽店 健康相談会及び熱中症対策として脱水症状についてお話ししました