> 活動報告 > 2018年08月 >【株式会社再春館製薬所】立ち上がりBOXを用いた社員向け「運動不足度のチェックイベント」

活動報告

2018年 8月9日

【株式会社再春館製薬所】立ち上がりBOXを用いた社員向け「運動不足度のチェックイベント」

社員の運動習慣を推進する際には「健康」という実感しづらい対象にどう関心を持ってもらうかがカギだと感じています。
そこで、自身の健康状態を社内のオープンな環境でチェックしてから、運動の必要性を実感してもらう取組を企画しました。

今回着目したのは“脚力”!

4か月前から、スマートライフプロジェクト熊本支部提供の歩数計アプリ“くまもとスマートライフ”を社内に展開し始めて、70人を超す利用があります。しかし、社員の1割程です。
もっと輪を広げるために歩数計アプリを利用してない社員に理由を聞くと、「私には必要ない」「走りたい人が管理に使うものと思っている」のように自分自身の生活のなかで活用するイメージが湧いていないことが分かりました。

この意識を変えるために、“面白そう!”といったイベント性とその中で“やらなきゃ!”という危機感を煽って自分事化のスイッチが入るように、薬剤師、保健師、運動療法士も参画してアイデアを出し合いました。

そのアイデアの中から“立ち上がりBOX”を用いたチェックイベントを行いました。本来はロコモ度をテストするツールですが、気軽でシンプルなのに意外とできない人が多く、盛り上がり、今回の目的には適していました。

同取組を2回、月をまたいで実施し、その間の変化データをとりました。
僅かひと月でロコモ度数の数値を改善することは難しいですが、同時に行った意識調査によると、この取組結果を機に「もっと運動しよう」と思った参加者は83%に及びました。

 今後も、自然と運動が社員の身近になるような取組を行っていきたいと思います。

【株式会社再春館製薬所】立ち上がりBOXを用いた社員向け「運動不足度のチェックイベント」
【株式会社再春館製薬所】立ち上がりBOXを用いた社員向け「運動不足度のチェックイベント」