> 活動報告 > 2018年04月 >【クラフト株式会社】さくら薬局グループはアルケア株式会社様との共催で「ロコモ」についての市民講座を開催致しました

活動報告

2018年 4月13日

【クラフト株式会社】さくら薬局グループはアルケア株式会社様との共催で「ロコモ」についての市民講座を開催致しました

平成29年11月18日 さくら薬局高島平東口店と周辺のさくら薬局17店舗は、アルケア株式会社様との共催で市民講座『ロコモティブシンドロームについて』を開催致しました。

ロコモティブシンドローム(ロコモ)とは、筋肉・骨・関節などの運動器の衰えが原因で、歩行や日常生活になんらかの障害をきたしている状態のことを指し、明確な診断、検査が難しいと言われています。現在ロコモに該当する方はメタボリックシンドロームの患者様より多いとも言われております。
症状の進行に気付くのが遅くなることが多く、歩行困難や寝たきりとなってしまう場合があり、健康寿命を低下させる大きな原因となっております。

それだけの危険な症状であるロコモですが、まだまだ世間での認知度は低いです。このロコモの進行度をロコモ度と表現しますが、今回参加者の皆様にはいくつかの簡単な運動テストによりロコモ度の診断体験を行っていただきました足の筋肉量の測定も行い、筋肉年齢も測定も行いました。普段立ち仕事をされている方や散歩を頻繁にされている方も、実年齢より高い結果となってしまう方が続出でした。

その理由を体験後の講演で解説させていただいたのですが、筋肉はストレッチなどで少しでも負担をかけないと衰え続けてしまうものなのです。そのため普段よく動いていると思っていても、筋肉はどんどんと衰えているということが起こってしまいます。筋肉の衰えを防ぐため、講演では自宅でもできる簡単なストレッチもご紹介させていただきました。

今回の参加者の方もロコモについてご存知なかった方が大半でした。この講演を踏まえ、私達薬剤師がもっと情報を広めていかなくてはいけないと思わされる経験となりました。定期的に今回のような測定を行いたいとの声も多く頂き、今後も皆様の健康増進のためにこういった講演を行っていきたいと考えております。

【今回の活動を実施した店舗】
■さくら薬局 高島平東口店
東京都板橋区高島平八丁目5番10号 MAビル1階

■以下のさくら薬局グループ17店舗合同
本店、板橋店、赤塚新町店、下赤塚店、小茂根店、板橋愛染通り店、東十条店、西ヶ原店、しもふり薬局、池袋2丁目店、池袋駅西店、要町駅前店、要町1号店、谷原店、大泉学園店.清瀬梅園店,東久留米本町店

【クラフト株式会社】さくら薬局グループはアルケア株式会社様との共催で「ロコモ」についての市民講座を開催致しました
【クラフト株式会社】さくら薬局グループはアルケア株式会社様との共催で「ロコモ」についての市民講座を開催致しました
【クラフト株式会社】さくら薬局グループはアルケア株式会社様との共催で「ロコモ」についての市民講座を開催致しました