> 活動報告 > 2018年03月 >【日立化成株式会社本社】社員有志86名が終業後、晩秋の夜にネオン輝く東京タワーを目指してウォーキング!

活動報告

2018年 3月8日

【日立化成株式会社本社】社員有志86名が終業後、晩秋の夜にネオン輝く東京タワーを目指してウォーキング!

秋も深まり、朝晩は頬に当る風もめっきり冷たく感じるようになった、11月10日(金)の終業後、日立化成本社では、衛生委員会が中心となって「秋のウォーキング大会」を開催しました。
かれこれ、この「ウォーキング大会」は15年ほど前から継続して開催されてきており、現在では春と秋の2階開催されています。
このイベント、ウォーキングルートの下見から決定、チェックポイントで、その建物や施設の縁(ゆかり)に思いを馳せながら解答するクイズ問題の作成、参加賞や完歩したグループへの抽選プレゼントの選定から準備など、開催準備や運営のすべてを衛生委員会に設置された「健康づくりワーキンググループ」の面々が中心となって行われている、まさに”社員による社員のための手作り健康増進イベント”なのです。
今回の目的地は、東京スカイツリーが出来た後も、まだまだ根強い人気を誇る”歴史アル大都会東京のシンボル”東京タワー。
参加者は最低2名以上のグループで、受付を済ませ、参加賞のドリンクなどを受け取った後、スタート地点である東京駅八重洲南口直結のビルを順次スタート、チェックポイントが記されたコマ地図を頼りに、一路東京タワーを目指します。
スタート直後は和気藹々、おしゃべりしながら軽快に歩を進めていた参加者も、チェックポイントを通過するごとに、日頃の運動不足がたたってか??、だんだん口数も減っていき、ウォーキングは真剣そのもの。
目的地の東京タワー、ゴールにたどり着くと、多くの参加者は最初着ていたコートなどを脇に抱え、額の汗を拭う姿があちこちで。
ただ、一様にゴールした参加者には喜びと安堵の笑顔が見られます。
「あぁ~、気持ちよかった!」、そんな声がたくさん聞こえてくるのも恒例の光景です。
開催後には参加者にアンケートをお願いして、次回以降の目的地のリクエストを募ります。
さあ、来年の目的地はどこでしょう?「ウォーキング」って健康だけでなく、日立化成本社では社員同士の懇親、コミュニケーションにも、とても役立っていると改めて実感した健康増進イベントでした。