> 活動報告 > 2017年08月 >【株式会社大和調剤センター】中央薬局 地域交流 栄養講座と子供体験イベントが開催されました

活動報告

2017年 7月26日

【株式会社大和調剤センター】中央薬局 地域交流 栄養講座と子供体験イベントが開催されました

毎日の食生活や、健康増進、疾病の治療や予防のための食事療法など、これでいいのかなって思っていることはありませんか?
(株)大和調剤センター 中央薬局 恒例の管理栄養士による栄養講座のご紹介です。
6月のテーマは「発酵食品とは~麹の魅力~」でした。
今回は「乳酸キャベツ」の作り方等をご紹介して下さいました。もともとキャベツの葉の表面には乳酸菌がついていて、乳酸キャベツに含まれる植物性乳酸菌は、胃酸に強く、生きたまま腸内に届くことが多いため、腸内でキャベツが含む食物繊維が水分を吸収し数十倍に膨張することで、腸が刺激されるようです。便秘や美肌効果がありそうですね。参加者のみなさまは熱心にメモを取られていました。
来月7月のテーマは「夏バテにならない体力づくり」です。今年は梅雨明けが早く猛暑の予想です。本格的な夏が来る前に食事内容で体力を落とさないようにしましょう。参加費無料、自由参加です(個別相談は予約優先)。処方せんがなくても大丈夫です。ぜひ地域の皆さま、お気軽にご参加ください。
またこの度中央薬局は、公益社団法人日本栄養士会から【栄養ケアステーション】に認定されました!
この【栄養ケアステーション】とは地域住民の方の日々の栄養相談、特定保健指導、セミナー・研修会講師など食に関する幅広いサービスを展開するところです。ちょっとしたご相談があればぜひいらして下さい。
6月10日(土)に毎年恒例の【子供体験イベント】を行いました。4歳から小学6年生の10名のお子さんが約2時間参加して下さいました。文字通り薬局や薬剤師の仕事を体験して頂くイベントで、今年で11回目になります。薬学部の学生さんと一緒に処方内容のチェック、軟膏詰め、分包機を使用した一包化等を体験してもらいました。みなさん、最初は緊張していましたがお帰りはとても良い笑顔でした。医療職の中でも薬剤師はわかりにくい仕事内容かと思います。こういった体験をすることで少しでも薬剤師の仕事に従事したいと思えるお子さんが増えるといいなと思っています!

【株式会社大和調剤センター】中央薬局 地域交流 栄養講座と子供体験イベントが開催されました