> 活動報告 > 2017年02月 >【一般社団法人 内臓目覚め協会】大同特殊鋼株式会社様(本社)にて『ランチタイム・ウォーキング®』8回目を実施しました

活動報告

2017年 2月16日

【一般社団法人 内臓目覚め協会】大同特殊鋼株式会社様(本社)にて『ランチタイム・ウォーキング®』8回目を実施しました

1月24日は、大同特殊鋼株式会社様にて
ランチタイム・ウォーキング®を実施しました。

8回目のテーマは【足部:アーチのチェック&アーチを作る】

足は地面からの衝撃を一番最初に受け止めてくれていて、
上に向かう衝撃を吸収してくれる、という大切な役割を担っています。

それをちゃんと受け止められ、
体への負担を減らすことができる機能を持った足であるか?

その確認方法の1つであるアーチのチェックをしました。

足の裏をぐーっと握ってみて、親指の第2関節、
その他の指の第3関節がポコポコ出てくるかをチェック!

出てこない方が多く、下から自分の手でグッと押し上げて
関節があることを目で見て確認します。

ここが出てこないということは、足部の筋力が低下して
アーチが落ちている可能性が高いです。

アーチが落ちるということは扁平足に近づくと言うこと。

扁平足は疲れやすさの原因にもなりますので、
アーチを再形成するエクササイズを実施しました。

また、部署ごとの出前講座では仕事の合間に椅子に座ってできる
エクササイズを実施。

その前後には2人1組で柔軟性のチェック!
「こんなに変わってますよー!」とあちこちで喜んでくださる声が
聞こえていました^^

身体は正直です。
使わなければ動きが悪くなり、
使えば動きが良くなる。

そんなに難しいことをしなくても、案外簡単な動きで十分なのです。

わざわざ外へ運動しに行くのは面倒でも、

「社内で昼休みにやってるなら行ってみようかな。」

そんな気持ちで続けてくださっている方が少しずつ増えています。

【一般社団法人 内臓目覚め協会】大同特殊鋼株式会社様(本社)にて『ランチタイム・ウォーキング®』8回目を実施しました
【一般社団法人 内臓目覚め協会】大同特殊鋼株式会社様(本社)にて『ランチタイム・ウォーキング®』8回目を実施しました
【一般社団法人 内臓目覚め協会】大同特殊鋼株式会社様(本社)にて『ランチタイム・ウォーキング®』8回目を実施しました