> 活動報告 > 2017年01月 >【一般社団法人 内臓目覚め協会】『臓活で心と身体を健やかにする』スタッフ研修をさせていただきました

活動報告

2017年 1月23日

【一般社団法人 内臓目覚め協会】『臓活で心と身体を健やかにする』スタッフ研修をさせていただきました

1月5日は、POLA装苑千代田橋支店様にて
『臓活』視点からスタッフ研修をさせていただきました。

今回の研修でお伝えしたのは、

*体温が低下すると身体の中ではどのようなことが起こるのか?
*その結果として、心と身体にはどのような不調が予測されるのか?
*体温低下の原因
*身体のリズム(主に体温と自律神経について)
*ご機嫌体温 5つのスイッチ
*体温を上げるコツ『臓活』
*内臓目覚めウォーキング

後半は臓活のベーシックプログラムの1つ
『天然のコルセット&腹巻』を目覚めさせる
内臓目覚めウォーキングをしっかりしていただきました。
いただいた感想を拝見していると、
普段何気なく行っている「立つ」「歩く」ということを
変えるだけで身体が温まることを実感いただけたようです。

本来、立つ歩く、というときにも、
インナーユニットと言われる体幹の深層筋は使われています。

ところが、現代社会は昔に比べ
生活が便利に安全になり、身体を使う機会が随分減っています。

それとともにインナーユニット(天然のコルセット&腹巻)を
使うことが苦手になり、使い方が分からなくなってしまっています。

身体を動かすことで自然に身についていたことが、
今ではそれができなくなっている。

それなら、頭を使ってでも使えるようにする。

最初はぎこちなくても、
何度も何度も繰り返しインプットしていくことで、
やがてそれは自然な表現に変わっていきます。

少しでも多くの方に、
歩く臓活をお伝えして参ります!

【一般社団法人 内臓目覚め協会】『臓活で心と身体を健やかにする』スタッフ研修をさせていただきました
【一般社団法人 内臓目覚め協会】『臓活で心と身体を健やかにする』スタッフ研修をさせていただきました
【一般社団法人 内臓目覚め協会】『臓活で心と身体を健やかにする』スタッフ研修をさせていただきました