> 活動報告 > 2017年01月 >【一般社団法人 内臓目覚め協会】大同特殊鋼株式会社様(本社)にて『ランチタイム・ウォーキング®』7回目を実施しました

活動報告

2017年 1月23日

【一般社団法人 内臓目覚め協会】大同特殊鋼株式会社様(本社)にて『ランチタイム・ウォーキング®』7回目を実施しました

1月11日は、大同特殊鋼株式会社様(本社)にて、ランチタイム・ウォーキング®でした。

10月から始まった、6か月間12回のプログラム中 今回は折り返し地点の7回目。

この日のテーマは脚編
【脚をバランス良く使って運動量アップ!】

わたしたちの身体は、腰から下の下半身に
6〜7割の筋肉があります。

ということは、下半身をバランス良く使えるようにすることで
たくさんの熱量を生み代謝を上げる身体になるということ。

また、下半身は一番最初に衰えるところですから、
いつまでも自分の脚で歩ける身体を維持するためには
できるだけ良い状態で筋力を維持して行く必要があります。

それを、毎日の中で無理なく積み重ねることができるのが
「立つ、歩く」といった日常の動作です。

まずは、天然のコルセット&腹巻であるインナーユニットを
使えるようにすること。

そして、歩くときの脚の使い方を学び、
意識して毎日続けていくことで、筋力も少しずつ
鍛えられていきます。

さらにエクササイズをする時間があれば
それに越したことはありませんので、エクササイズも行います。

今回はヒップからハムストリングス(モモの裏側)を
ほぐすバウンドエクササイズと、下半身を鍛えるスクワットを。

スクワットは特に腿の内側と裏側に効くようにそのコツをお伝えしました。

***

今回は、特定保健指導対象の男性社員さんが、
カウンセリングで立てた目標を間も無くクリアできそう、
と言う嬉しいご報告をいただきました!

年末年始を挟んでいたにもかかわらず、意識高く臨んで
いただけていることをとても嬉しく思います。

お昼休みを活用したレッスンは、

・わざわざ運動するのは面倒
・何をしたらいい分からない
・忙しくて時間がない

と言う社員のみなさまにとってはハードルが下がり、
健康な身体作りの意識を高めることに一役かっています。

【一般社団法人 内臓目覚め協会】大同特殊鋼株式会社様(本社)にて『ランチタイム・ウォーキング®』7回目を実施しました
【一般社団法人 内臓目覚め協会】大同特殊鋼株式会社様(本社)にて『ランチタイム・ウォーキング®』7回目を実施しました
【一般社団法人 内臓目覚め協会】大同特殊鋼株式会社様(本社)にて『ランチタイム・ウォーキング®』7回目を実施しました