> 活動報告 > 2016年12月 >【一般社団法人 内臓目覚め協会】大同特殊鋼株式会社様(本社)にて『ランチタイム・ウォーキング®』6回目を実施しました

活動報告

2016年 12月28日

【一般社団法人 内臓目覚め協会】大同特殊鋼株式会社様(本社)にて『ランチタイム・ウォーキング®』6回目を実施しました

12月20日は、大同特殊鋼株式会社様(本社)にて『ランチタイム・ウォーキング®』でした。

全12回の折り返し地点、6回目の今回は、
4クールのレッスンのうち、1クールが部署でのご参加レッスン。

当初7〜8名のご参加予定でしたが、
12名の方がご参加くださいました。

こちらの部署ごとのレッスンは初めてご参加の方が多く、
こうして実際に体験していただくことで、
今後のプログラムにご参加いただける方を
増やして行くのが目的です。

普段大して意識していなかったけれど、、、
薄々気付いてはいたけれど、、、
いつの間にか自分の身体はこんなに硬くなっているんだ 。

それに気付いて頂き、
ほんの数分身体を動かすだけで柔軟性が上がる(取り戻す)、
ということを知っていただけるようにプログラムを考えています。

部署ごとのレッスン後は通常のレッスンを3クール
女性のクラスを2つと男性のクラスを1つ実施。

今回とても嬉しいことがありました^^

こちらの企業様は『ランチタイム・ウォーキング®』を
導入していただいて4年になります。

数年前から、時々レッスンに来てくださっていた方が、
今回初めて、腰の立て方のコツを掴まれたのです。
そして、どうしても歩くときに膝が曲がってしまっていたことも、
伸ばし方をようやく身体で理解していただけたようです^^

これができるのとできないのとでは、
同じように立つ歩くをしていても運動量や運動効果が
全く違ってしまう、とても大切なポイントです。

毎年、プログラム中ご参加なさっていたのは半分もありませんでした。

それが、今回はほぼ毎回ご参加くださり、
これまでなかなか思うように動かせなかった身体が
反応し出したのです^^

ご本人の表情がパッと明るくなり、喜んでくださっている
姿を見て、なんと嬉しかったことか!

繰り返すことの大切さを改めて感じました。

慣れないことでも、難しいと感じることでも、
繰り返すことである日突然コツを掴むときがくる。

コツを掴むまでの時間は、早い人もいれば遅い人もいて、
遅い方がコンプレックスを感じないように
そして楽しめるように、継続していただけるように

今後もプログラムをブラッシュアップして参ります。

【一般社団法人 内臓目覚め協会】大同特殊鋼株式会社様(本社)にて『ランチタイム・ウォーキング®』6回目を実施しました
【一般社団法人 内臓目覚め協会】大同特殊鋼株式会社様(本社)にて『ランチタイム・ウォーキング®』6回目を実施しました
【一般社団法人 内臓目覚め協会】大同特殊鋼株式会社様(本社)にて『ランチタイム・ウォーキング®』6回目を実施しました