> 活動報告 > 2016年11月 >【一般社団法人 内臓目覚め協会】大同特殊鋼株式会社様(本社)にてランチタイム・ウォーキング®3回目を実施しました

活動報告

2016年 11月29日

【一般社団法人 内臓目覚め協会】大同特殊鋼株式会社様(本社)にてランチタイム・ウォーキング®3回目を実施しました

11月9日は大同特殊鋼株式会社様にて『ランチタイム・ウォーキング®』でした。

3回目の本日は、カウンセリングの続きと30分のレッスンを2クール。

みなさん昼食の前後にご参加くださいます。

今日はどちらのクラスも少人数でしたが、
本日のテーマ【 腰編 】しっかりお届けしました。

デスクワークがメインの本社の社員さん。
慢性的な腰痛を抱えていらっしゃる方はもちろん、予備軍がたくさんいらっしゃいます。

何と言っても腰やお尻が硬いこと・・・><

たかが腰痛
されど腰痛

痛みは仕事の効率を低下させ、生産性ダウンに繋がります。

アメリカのある研究では、慢性的腰痛での損失について

*生産性損失率は5.9%
*平均年間損失額は約86万ドル

というデータが発表されています。
(『Harvard Business Review』2006年12月)

社会保障制度などが異なるため、このまま比較することはできませんが、
生産性の損失に繋がっててことは明白です。

そして、協会では企業の生産性はもちろん、
人生の生産性が低下してしまう、ということにも意識を向けて欲しいと思っています。

人生の生産性が低下している人が増える = 元気な人が減る

元気な人が減れば経済活動はより低迷してしまいます。

少しでも多くの方が体温低下による不調から解放されるよう、
少しでも多くの企業様に『ランチタイム・ウォーキング®』を導入していただけるよう、

協会活動を進めております^^

【一般社団法人 内臓目覚め協会】大同特殊鋼株式会社様(本社)にてランチタイム・ウォーキング®3回目を実施しました
【一般社団法人 内臓目覚め協会】大同特殊鋼株式会社様(本社)にてランチタイム・ウォーキング®3回目を実施しました
【一般社団法人 内臓目覚め協会】大同特殊鋼株式会社様(本社)にてランチタイム・ウォーキング®3回目を実施しました