> 活動報告 > 2016年09月 >【クラフト株式会社】相談協力員研修会にて「認知症と薬」というテーマで講演しました

活動報告

2016年 8月21日

【クラフト株式会社】相談協力員研修会にて「認知症と薬」というテーマで講演しました

東京都板橋区小茂根地域包括支援センターにおいて、上板橋、小茂根地区の民生委員を対象とした研修が行われました。認知症インストラクターの上田氏とともにさくら薬局の薬剤師が講師を努めました。

定期的に行われる研修ですが、今回は地域の中で1万人を越えると言われている認知症の方の早期発見と、気付いたときにどのように対応したらいいのかを学んでいただくよう、認知症の初期症状や対応、認知症治療薬の種類や副作用について話しました。

民生委員は高齢者のお家を周って見守りをされているため、これまでの認知症の方を見掛けられることもあったと思われますが、実際の認知症の方の動画にどよめいたり、皆さん熱心に耳を傾けていただけました。

身内で認知症の方がおり、周辺症状が強かったため薬を処方されたが、ほとんど寝たきりの状態となってしまった。薬が原因なのか・・ 薬を取りに行くのが大変な高齢者がいるが、薬剤師に訪問してもらうのはいくらかかるのか?年金で支払いきれない・・・

など多くの相談も寄せられました。

独居の高齢者の多い地域で民生委員の果たす役割は大きく、皆さんのやりがいと責任感を感じさせられました。

お帰りに薬局で取り組んでいる残薬削減について知っていただくため、ブラウンバッグをお渡し致しました。ご近所の住民にも教えますと言ってお持ち帰りになりました。

薬局の薬剤師も民生委員の方とともに地域の役割を果たしていきたいと思います。

【クラフト株式会社】相談協力員研修会にて「認知症と薬」というテーマで講演しました
【クラフト株式会社】相談協力員研修会にて「認知症と薬」というテーマで講演しました