> 活動報告 > 2016年09月 >【姿勢工房ストレッチングオフィス】玉城町「新体力測定&ストレッチ講座」 ☆

活動報告

2016年 8月21日

【姿勢工房ストレッチングオフィス】玉城町「新体力測定&ストレッチ講座」 ☆

「新体力測定&ストレッチ講座」が、 玉城町スポーツ振興事業として開催されました。

私達、姿勢改善トレーナー 5名がストレッチの講師として参加させていただきました。

まずは65歳から79歳の方。
体力測定の内容は・・・
血圧・脈拍・身長・体重・握力・上体起こし・長座体前屈・開眼片足立ち・10m障害物走・6分間歩行

その合間に、ウォーミングアップや簡単なストレッチ
それぞれ、トレーナーが姿勢改善のストレッチ。

なぜ正しい姿勢が重要なのか?
正しい姿勢でないと言う事は、姿勢が歪んでいるってこと。
歪みがあると、関節や筋肉に負担がかかり、痛みの原因になることがあります。
筋肉の緊張が左右で違ってくると、左右で脚や腕の運動能力も差がある場合もあります。
姿勢を改善して、運動能力をUPしましょう。
どんどん、身体のバランスが良くなっていきます。
ただ、ストレッチを行うのではなく、何のために行うか。
構造なども理解して頂くことで、今後も自分でストレッチを継続していただければと、思っています。
すぐに効果を実感できる姿勢改善SKストレッチ、姿勢バランスが改善して柔軟で健康的な身体に。

ストレッチは反動をつけずに、ジワァ~~~ッと20~30秒かけて伸ばします。
筋肉をゆっくり伸ばすのは伸張反射を防ぐため。
筋肉には筋紡錘と呼ばれるセンサーがあり、筋肉が瞬間的に引き伸ばされると筋紡錘から脊髄へ信号が送られます。
すると脊髄から筋肉を収縮させる信号が出され、結果として筋肉が反射的に(意思とは関係なく)収縮してしまいます。
これを「伸張反射」と呼びます。
伸張反射は筋肉が急激に引き伸ばされたときに起こる防御反応で、静的ストレッチにおいては逆効果となるため、ゆっくりと行います。
ストレッチの注意は「無理をしない」、これは鉄則です。
何人もの方に
「体前屈が倍くらい行くようになったよ~」なんて、喜んで頂けたことが、私達トレーナーも嬉しく思いました。
夜の部は20歳から64歳まで。
内容も変わり、血圧・脈拍・身長・体重・握力・上体起こし・長座体前屈・立ち幅跳び・反復横飛び・20mシャトルラン
皆さん運動能力UP!、柔軟性UPで喜んで頂けました。
姿勢改善ストレッチが、皆様の健康寿命を延ばすお役に立てれば嬉しいです。お元気でお過ごしください。
『姿勢改善を通じて夢を応援する』

【姿勢工房ストレッチングオフィス】玉城町「新体力測定&ストレッチ講座」 ☆
【姿勢工房ストレッチングオフィス】玉城町「新体力測定&ストレッチ講座」 ☆
【姿勢工房ストレッチングオフィス】玉城町「新体力測定&ストレッチ講座」 ☆