> 活動報告 > 2016年09月 >【公益社団法人 大阪府柔道整復師会】地域での救護活動を行っております。

活動報告

2016年 8月21日

【公益社団法人 大阪府柔道整復師会】地域での救護活動を行っております。

公益社団法人 大阪府柔道整復師会では地域住民皆様の健康保持・増進に繋がるように、会員 一人一人が自覚を持ち日々の施術のみならず、社会貢献の義務を果たす事を目指しております。

「公益社団法人大阪府柔道整復師会」とは、50年以上の歴史を持ち約2000人の柔道整復師によって構成されている団体です。
活動としては、地域の方々との関係を密にし、地域の医療や介護、大阪マラソンでのランナーケアを始めスポーツをされる府民の方々への支援など、皆さまの健康づくりに少しでもお役にたてるよう日々活動しております。
 また、学術大会や研修会を開催するなど、日ごろの研鑽を怠らず、地域に根差す整骨院・接骨院を目指して、府民の皆様方の健康増進と社会福祉に貢献することに取り組んでおります。

大阪府下に62支部があり、今回は6月4日(土曜日)、5日(日曜日)の2日間にわたり
大仙公園催し広場をスタート・ゴール地点として堺市内をめぐる「ウォーキングイベント」が開催され救護班として参加しましたので報告させていただきます。

「知らなかったことが、いっぱい!歴史と文化の街 堺を歩こう!」
をスローガンに開催され、
初日は
3km ①学芸員と歩こう!コース ②スタンプウォーク
10km めざせ!世界文化遺産登録!百舌鳥古墳群コース
20km 神社仏閣・遺跡コース
35km 旧跡と緑のまちコース
2日目は
3km ①学芸員と歩こう!コース ②クイズウォーク
10km 与謝野晶子と千利休をたずねるコース
20km 竹内街道と町家コース
30km 名所・旧跡コース
全国から2日間で延べ約2,800名が参加され大いに賑わっておりました。

初日は歩いた後は痛いところが多いようで午後からの活動でしたが多くの方に来ていただけました。
2日目は雨が降っておりブースへの立ち寄りも少なく、普段より運動されている方が多いので筋肉に対してのケアの方法や痛みの相談が多かったです。
今後も府民の方々の地域住民の皆様の健康保持・増進に繋がるように、会員 一人一人が自覚を持ち日々の施術のみならず、社会貢献の義務を果たす事を目指します。

【公益社団法人 大阪府柔道整復師会】地域での救護活動を行っております。