> 活動報告 > 2016年09月 >【公益社団法人 大阪府柔道整復師会】~テーピング講習会を行いました。~

活動報告

2016年 8月21日

【公益社団法人 大阪府柔道整復師会】~テーピング講習会を行いました。~

公益社団法人 大阪府柔道整復師会では地域住民皆様の健康保持・増進に繋がるように、会員 一人一人が自覚を持ち日々の施術のみならず、社会貢献の義務を果たす事を目指しております。

「公益社団法人大阪府柔道整復師会」とは、50年以上の歴史を持ち約2000人の柔道整復師によって構成されております。
活動としては、地域の方々との関係を密にし、地域の医療や介護、大阪マラソンでのランナーケアを始めスポーツをされる府民の方々への支援など、皆さまの健康づくりに少しでもお役にたてるよう日々活動しております。
 また、学術大会や研修会を開催するなど、日ごろの研鑽を怠らず、地域に根差す整骨院・接骨院を目指して、府民の皆様方の健康増進と社会福祉に貢献することに取り組んでいる団体です。

日々指導者の方々は冬のスポーツ活動に寒さで体の柔軟性も低下し、筋肉が自然と緊張して硬くなっている状態である事を認識し、柔軟体操・十分なストレッチなどを行っていると思われます。しかし安全共済会の事故報告でも骨折・捻挫・打撲等が上位を占め、けがをすることで子どもしいてはチームの活動に少なからず影響を与えます。
 不測の事態に的確に手当てを行い、子どものケアー・活動の中断を少しでも短縮できる方法としてテーピングを学習し習得することで、指導者・育成者のスキルアップ図り、それら諸活動の一助となるよう、本講習会を開催するものである。

・開催日時 2016年6月19日(日)
・テーマ  スポーツ指導中の怪我・捻挫の一時的な緩和、再発を防止について
・開催場所 大阪市東住吉区東住吉会館2階大会議室

2016年6月19日(日)に大阪府大阪市東住吉区東住吉会館2階大会議室「東住吉区指導者研修会」を東住吉区子ども会育成連合会が開催された「スポーツ指導中の怪我・捻挫の一時的な緩和、再発を防ぐ目的でテーピングによる部位補強等の一般講習」に講師として参加させていただき、東住吉区の子ども会指導者等約60人を対象にテーピング講習会を実施し、こども会活動における安全普及活動に協力しました。
今後も府民の方々の地域住民の皆様の健康保持・増進に繋がるように、会員 一人一人が自覚を持ち日々の施術のみならず、社会貢献の義務を果たす事を目指します。

【公益社団法人 大阪府柔道整復師会】~テーピング講習会を行いました。~
【公益社団法人 大阪府柔道整復師会】~テーピング講習会を行いました。~
【公益社団法人 大阪府柔道整復師会】~テーピング講習会を行いました。~