> 活動報告 > 2016年09月 >【おおはし歯科医院】「良く咬める事は健康寿命を延長する」を海外(ミャンマー)で発表しました

活動報告

2016年 8月21日

【おおはし歯科医院】「良く咬める事は健康寿命を延長する」を海外(ミャンマー)で発表しました

近年様々な研究により「良く咬める機能を維持する」ことは健康寿命を延長する事に大きく役立つことが明らかになっています。
おおはし歯科医院は、国民の「良く咬める機能を維持し、健康寿命を延長する」を設立趣意にし、15年間活動してまいりました。
その日本国内での活動をお知りになった、ミャンマー歯科医師会会長で国立ヤンゴン歯科大学前学長のPrf. Thein Kyu先生のご推薦で、
7月23,24日(マンダレー)にで行われたミャンマー歯科医師会夏季総会(旧ビルマ:7th Mandalay Dental Conference) にてその活動を講演してまいりました。
http://mdamandalayregion.weebly.com/conference.html

歯を失わないための最新の戦略、歯を多数失ってしまった場合に、噛む機能を最大限に回復するための戦略を実際に行うことはなかなか容易なことではありません。
海外からも興味をもたれたことはとても励みになります。
もちろん日本からも歯科大学教官、学会幹部が参加していましたが、大いに興味を持っていただきました。
これからも国内外で発表してまいりたいと思います。