> 活動報告 > 2016年08月 >【公益社団法人 大阪府柔道整復師会】~テーピング講習会に参加しました。

活動報告

2016年 8月3日

【公益社団法人 大阪府柔道整復師会】~テーピング講習会に参加しました。

公益社団法人 大阪府柔道整復師会では地域住民皆様の健康保持・増進に繋がるように、会員 一人一人が自覚を持ち日々の施術のみならず、社会貢献の義務を果たす事を目指しております。

「公益社団法人大阪府柔道整復師会」とは、50年以上の歴史を持ち約2000人の柔道整復師によって構成されている団体です。
活動としては、地域の方々との関係を密にし、地域の医療や介護、大阪マラソンでのランナーケアを始めスポーツをされる府民の方々への支援など、皆さまの健康づくりに少しでもお役にたてるよう日々活動しております。
また、学術大会や研修会を開催するなど、日ごろの研鑽を怠らず、地域に根差す整骨院・接骨院を目指して、府民の皆様方の健康増進と社会福祉に貢献することに取り組んでおります。

大阪府下に62支部があり、今回淀川支部が淀川区子供会育成連合協議会より講師派遣の依頼があった「テーピング講習会」について報告させていただきます。

平成28年5月15日

・開催場所
大阪市 淀川区民センター 1階ホール

・目 的
キックベースボール・ソフトボール競技の指導者・審判者を対象とし、練習中の外傷予防や再発防止、応急処置のテーピング講習会を実施し、区民(子供会参加者)の健康管理に貢献し競技への安心感を与えることを目的としました。

・事業内容
テーピング講習会参加の指導者が球技中に発生する外傷の意識を高め、その処置を速やかに行い適切な医療機関への受診を促し、医療保健に関する疑問等への相談を実施しました。

・結果
球技指導者・審判員を対象とした約100名が参加し、手指のテーピングを中心とし足関節のテーピングも実技講習を行い、安全普及活動に協力しました。