> 活動報告 > 2016年03月 >【公益社団法人 大阪府柔道整復師会】~ソーシャルフットボール大会で救護活動を行いました。~

活動報告

2016年 3月24日

【公益社団法人 大阪府柔道整復師会】~ソーシャルフットボール大会で救護活動を行いました。~

公益社団法人 大阪府柔道整復師会では地域住民皆様の健康保持・増進に繋がるように、会員 一人一人が自覚を持ち日々の施術のみならず、社会貢献の義務を果たす事を目指しております。

「公益社団法人大阪府柔道整復師会」とは、50年以上の歴史を持ち約2000人の柔道整復師によって構成されております。
活動としては、地域の方々との関係を密にし、地域の医療や介護、大阪マラソンでのランナーケアを始めスポーツをされる府民の方々への支援など、皆さまの健康づくりに少しでもお役にたてるよう日々活動しております。
また、学術大会や研修会を開催するなど、日ごろの研鑽を怠らず、地域に根差す整骨院・接骨院を目指して、府民の皆様方の健康増進と社会福祉に貢献することに取り組んでおる団体です。

2016年2月26日(金)~28日(日)に大阪のJ-GREEN堺(サッカー・ナショナルトレーニングセンター)にて、第1回ソーシャルフットボール国際大会が開催されました。
この大会はフットボール(サッカー・フットサルなど)を通じて、精神疾患/精神障がいがある人たちをはじめ、障がいの有無に関わらず、すべての人たち救護班として27日(土)と28日(日)の2日間参加させていただきましたので報告させていただきます。
当日は、インターネット上で話題をさらっている首から上は埴輪(はにわ)、その下はきっちりダークスーツ。堺市の謎めいたPRキャラクター「ハニワ課長」(写真右側)と「堺まつり」のキャラクターで「エコと観光の親善大使」のザビエコくん(写真左手)。が応援に駆け付けてくれました。

開催趣旨
フットボール・フォー・オールの理念のもと、国内外の精神障がい者フットボール競技の振興、発展に寄与することを目的とし開催する。さらに、精神障がい者のフットボール推進を通じて、精神障がい者の社会参加の促進、並びに共生社会の実現への貢献も目指す。

□ 主 催
特定非営利活動法人日本ソーシャルフットボール協会

□ 共 催
一般社団法人大阪府サッカー協会
公益社団法人日本精神保健福祉連盟

□ 主 管
一般社団法人大阪府サッカー協会

□ 後援
スポーツ庁、大阪府、堺市、大阪市
日本精神保健福祉士協会、日本精神科看護協会、日本作業療法士協会、日本精神科病院協会、日本精神神経科診療所協会、日本精神保健福祉士養成校協会、地域精神保健福祉機構、全国精神保健福祉相談員会、全国精神保健福祉会連合会、Jリーグ、日本フットサル連盟、日本障がい者スポーツ協会、日本スポーツ精神医学会、笹川スポーツ財団 大阪精神保健福祉士協会、日本精神科看護協会大阪支部、大阪府臨床心理士会、大阪府作業療法士会、大阪精神科病院協会、大阪精神科診療所協会、大阪府サッカー協会、大阪弁護士会、精神障害者社会復帰促進協会、大阪府精神障害者家族会連合会、大阪府社会福祉協議会、堺市社会福祉協議会、大阪市社会福祉協議会、株式会社ハマダ、株式会社ガンバ大阪

【公益社団法人 大阪府柔道整復師会】~ソーシャルフットボール大会で救護活動を行いました。~
【公益社団法人 大阪府柔道整復師会】~ソーシャルフットボール大会で救護活動を行いました。~
【公益社団法人 大阪府柔道整復師会】~ソーシャルフットボール大会で救護活動を行いました。~