> 活動報告 > 2015年12月 >【京都府 精華町】学研都市精華町の秋を訪ねて・・・『せいか365の旅』

活動報告

2015年 12月25日

【京都府 精華町】学研都市精華町の秋を訪ねて・・・『せいか365の旅』

 平成27年11月22日(日)、精華町役場を発着点とする、学研都市精華町の秋を訪て・・・せいか365の旅が実施され、約40人の参加者がありました。
 この企画は、公益社団法人精華町シルバー人材センター・ふるさと案内人の会が、定期的に実施している「ふるさと発見の旅」と、精華町が取り組んでいる健康づくり運動「せいか365運動」との連携事業として、初めて実施する健康ウオーキング企画です。
 当日は、出発前に準備体操として、精華町が普及を図っている「せいか☆いちご体操」を行い、精華町が開発した「セイカ歩数計」のインストールを呼びかけ、ウオーキングをスタート。
 参加者は紅葉の秋を感じながら、学研都市のシンボル道路である精華大通りを歩き、途中、京都府立関西文化学術研究都市記念公園(けいはんな記念公園)や畑の前遺跡(公園)など3カ所に立ち寄り、ふるさと案内人の会会員から各箇所で歴史や見どころなどの説明を受け、木津川の支流である煤谷川に沿った歩道を歩き、約11キロのコースを全員が歩き終えゴールしました。
 精華町では、健康づくり運動の重点項目のひとつに「歩く」を掲げ、ウオーキングを推奨しており、これからもウオーキングを取り入れた健康づくりを推進していきます。

【京都府 精華町】学研都市精華町の秋を訪ねて・・・『せいか365の旅』
【京都府 精華町】学研都市精華町の秋を訪ねて・・・『せいか365の旅』
【京都府 精華町】学研都市精華町の秋を訪ねて・・・『せいか365の旅』