> 活動報告 > 2015年12月 >【三幸土木 株式会社】「6ヶ月でsmart!プロジェクト」~「体重記録と野菜をもう1皿プラス!」の習慣化を目指して!~

活動報告

2015年 12月07日

【三幸土木 株式会社】「6ヶ月でsmart!プロジェクト」~「体重記録と野菜をもう1皿プラス!」の習慣化を目指して!~

弊社では、社内で職員の健康づくりを推進していこうと様々な取り組みを行っております。
今回は、独自で行っている「6か月でsmart!プロジェクト」について報告をいたします。
「6か月でsmart!プロジェクト」は~体重記録と野菜をもう1皿プラス!~を全社員で習慣化することを大目標に掲げ、職員同士が支えあいながら取り組む三幸土木の健康づくりです。
活動は昨年11月より、役員を中心としたグループで初動、今年3月より、工事課職員(全職員の1/3程度)が取り組んでおります。
具体的な取り組み内容をご紹介します。
① 各自記録を付ける
毎日体重測定、記録。
記録表に全体目標(野菜+1皿)と各自の健康行動目標も記入、できたら〇を付ける。
② 社内で健康ミーティング(健康学習会とグループディスカッション)を毎月開催する。
・健康学習会
健康や生活、仕事に関わるタイムリーなテーマの講話で、知識を深め、意識を高める。※
・グループディスカッション
チーム(固定された4~5人)で、学習内容、毎月の結果報告、各々、またチームごとの目標設定について他、意見交換をし、全体でフィードバックする。
③ 社内SNSを利用し、継続を支えあう。
4~5人のチームを編成、リーダーを中心に近況報告、励まし合い等コミュニケーションを取り合う。
健康顧問からは応援メッセージや、タイムリーな情報が届く。
途中で疑問を感じたり、相談したいことがある場合は直接健康顧問に相談することも可能にしている。

※学習会では、野菜摂取向上を達成するため、健康顧問(管理栄養士・シニア野菜ソムリエ)を招き、実践、継続につながる効果的な学習に力を入れております。
また、体育学部出身の職員が、体力、年齢、職種に合わせた筋トレの講習も行いました。

工事課職員の取り組みも、体重記録の練習期間から通算すると、はや8ヶ月・・・全員が体重計測定着、野菜+1皿も習慣的に摂れるようになりました。
1月より、メタボ該当者にこの取組みを広げていく予定です。

【三幸土木 株式会社】「6ヶ月でsmart!プロジェクト」~「体重記録と野菜をもう1皿プラス!」の習慣化を目指して!~
【三幸土木 株式会社】「6ヶ月でsmart!プロジェクト」~「体重記録と野菜をもう1皿プラス!」の習慣化を目指して!~
【三幸土木 株式会社】「6ヶ月でsmart!プロジェクト」~「体重記録と野菜をもう1皿プラス!」の習慣化を目指して!~