> 活動報告 > 2015年11月 >【姿勢工房ストレッチングオフィス】「北勢塾」四日市庁舎様「姿勢改善ストレッチ」。

活動報告

2015年 11月25日

【姿勢工房ストレッチングオフィス】「北勢塾」四日市庁舎様「姿勢改善ストレッチ」。

「北勢塾」四日市庁舎様からのご依頼で「姿勢改善ストレッチ」。
職員の皆様の資質向上とモチベーション向上に、職員様の身体に負荷がかかる原因をみつけて改善を図ることで、健やかな執務体制を維持する事を目的に「姿勢改善ストレッチング」の体験研修。
座学と実技。
ストレッチの説明や、正しい姿勢の説明をさせていただきました。
姿勢とは、「身体各部位の相対的位置関係」の事です。
頭部と体幹の位置関係・骨盤と下肢の位置関係など 身体各部位の相対的な位置関係を 合成したものが「姿勢」です。
それでは、良い姿勢と悪い姿勢の違いは なにでしょうか?
物理学(力学)で考えることができます。
基準は重心線です。
重心線に、より近い位置に各関節を配置した姿勢が、各関節の負担(関節モーメント)が小さく良い姿勢と言えます。
力学で姿勢を捉えれば あるクライアントさんの「悪い姿勢」を見た時、どの部位に負荷(負担)がかかっているのか?は容易に理論的に解ります。
姿勢を改善するという事。
力学(物理学)的に、悪い姿勢から良い姿勢に相対的位置関係を誘導していく事です。
短縮している筋には ストレッチを行い、弱化している筋には 筋力強化 を行い姿勢を改善します。
では、皆様の身体が正しい姿勢にあるか、歪んだ状態かを確認しましょう。
自分の身体は自分では見えないので、2人ペアで確認。
ストレッチやエクササイズを用いて正しい姿勢に改善していきます。
あっと言う間に体感できるほどの変化に喜んでいただけました。
嬉しいです。
『姿勢改善を通じて夢を応援する』
姿勢工房ストレッチングオフィス
辻出美香

【姿勢工房ストレッチングオフィス】「北勢塾」四日市庁舎様「姿勢改善ストレッチ」。