> 活動報告 > 2015年11月 >【株式会社NIKKEN】「老化促進物質」 蓄積予防に関する 説明会 実施

活動報告

2015年 11月25日

【株式会社NIKKEN】「老化促進物質」 蓄積予防に関する 説明会 実施

健康寿命延伸を目的とした取り組みの一環として、平成27年10月13日(火)青森地区において「老化促進物質」蓄積予防に関する説明会を実施しました。飽食・過食がちになる現代人の食生活には「老化促進物質」も混在しており、嗜好食材を偏って摂取いくと「老化促進物質」の蓄積が避けて通れなくなり、生活習慣病からくる身体リスクを考慮しければならなくなる過程を順に追ってレクチャー。 炭水化物やタンパク質、野菜果に多く含まれるビミミンやミネラルなど日頃の食事から摂取する栄養素バランスを取ることが重要であり、サプリメトのみに頼ることなく適度な運動と天然素材である野菜類を+70g以上摂取することが生活習慣病予防のキーポイント。とくに現代人が滞りがちな腸内環境にスポットをあて、その仕組みと働きを参加者の皆さんと一緒に知り考え、この冬を元気に活き活きと過ごしていくために必要な情報を各地ベースで取り組んでいます。

実施日時:平成27年10月13日(火)13:30~16:00
実施会場:青森県民福祉プラザ

【株式会社NIKKEN】「老化促進物質」 蓄積予防に関する 説明会 実施
【株式会社NIKKEN】「老化促進物質」 蓄積予防に関する 説明会 実施