> 活動報告 > 2015年10月 >【岡山県総社市】つどいの広場で健康講座開催  ~若い世代の健康づくりを応援しよう~

活動報告

2015年 10月29日

【岡山県総社市】つどいの広場で健康講座開催  ~若い世代の健康づくりを応援しよう~

総社市では,特定健康診査受診者の健診結果,有所見の割合でHbA1cの基準値以上の方の割合が,岡山県・全国と比べても高いというデータが出ています。また,年々透析患者が増加傾向にあり,医療費の増大が問題となっています。

そこで,「めざせ健康SOJA!~糖尿病重症化STOPプロジェクト~」の一つとして,若い世代にターゲットをしぼり,健康講座を開催しました。この講座は,岡山県立大学糖尿病相談室と岡山県薬剤師会吉備支部と協力して,子育て中のお母さん方が集う場として多くの親子が参加している「なかよし広場 こっこ」で実施しました。

この日は10組の親子が参加してくださいました。
最初に薬剤師さんから薬の知識・飲み方について,次に岡山県立大学糖尿病相談室の先生方に血糖とHbA1Cの測定(その場ですぐ結果を伝えてもらえました)と糖尿病についての講話,最後に市の保健師から,女性のがん検診と歯周病予防についての話を行いました。

参加してくださったお母さん方からは「糖尿病のことを考えたことがなかったので,血糖検査ができてよかった。勉強になった」「子どもを出産してから自分自身の検診に行ったことがなかったので,家族のためにも検診に行こうと思った」といった声が聞かれました。
今後も同様の講座を開催し,普及啓発に努めていく予定です。

また今年度総社市は,20~39歳の方の健康づくりを応援するため,自宅で出来るセルフ健康チェックサービス「スマホdeドック®」実証事業に参加しています。

総社市はこれからも若い世代の健康を応援していきます!

【岡山県総社市】つどいの広場で健康講座開催  ~若い世代の健康づくりを応援しよう~