> 活動報告 > 2015年09月 >【長野県 箕輪町】みのわ健康アカデミー 集団健康講座⑥ 「レクリエーション講座」

活動報告

2015年 9月16日

【長野県 箕輪町】みのわ健康アカデミー 集団健康講座⑥ 「レクリエーション講座」

平成27年8月21日、公益財団法人 長野県長寿開発センター伊那支部 社会活動推進員の竹中雅幸先生を講師にお招きし「健康づくりに生きるコミュニケーションゲーム・パート②~デュアルタスクで認知症予防!!~」と題して、脳トレーニングの要素を取り入れたさまざまなレクリエーションゲームを実施いただき、受講生同士の交流を図りました。

 

 脳を活性化させる主なポイントは3つあり、
  ①運動(特に有酸素運動)をする
  ②デュアルタスク(2つ以上の作業を同時に行うこと)をする
  ③よい睡眠をとる
ことだとお話しされました。特に、運動しながら頭を使うことで、脳の委縮を予防し、認知機能を高め「認知症」の予防につながることを強調されました。
 どのゲームも「~しながら、・・・する」、例えば「じゃんけんしながら計算する」などの複数の課題が組み合わされており、ペアやグループで行うことでコミュニケーションも図れる工夫がありました。受講生たちは、我先にといわんばかりに素早く計算したり、クイズを解いたり、時にはミスしながらも、脳を活性化し、笑いの絶えない時間を過ごしました。

【長野県 箕輪町】みのわ健康アカデミー 集団健康講座⑥ 「レクリエーション講座」
【長野県 箕輪町】みのわ健康アカデミー 集団健康講座⑥ 「レクリエーション講座」