スマート・ライフ・プロジェクト

SEARCH
  • ホーム
  • 活動報告
  • 【Body Tuning Labo K7”】足腰のケガ・痛みを予防する、新しいアプローチのカラダメンテナンス法普及活動

Smart Life Project活動報告

2015年 9月10日

【Body Tuning Labo K7”】足腰のケガ・痛みを予防する、新しいアプローチのカラダメンテナンス法普及活動

医学も科学も進み、代替医療もたくさんあるにも関わらず、癖になったケガ、3ヶ月以上続く足腰の痛みに悩む人が後を絶たない。これらの症状を改善すべく、10年余りの歳月をかけて、まったく新しい発想の「ケガ・痛みを予防するカラダメンテナンス法」を確立した。この方法をご利用いただくことで、痛みのない動きやすい身体を保つことが出来るようになる。効果があるかわからないまま漫然と支払い続けていた無駄な医療費を削減することも出来る。大切な人と一緒に元気でハッピーな毎日を過ごしたいと願う人の和を広げ、国民全体の健康寿命の延伸と、無駄な医療費の削減を目指す。

このメンテナンス法は14年間の臨床データ(延べ人数約47,500名)から導き出された「施術と効果の検証結果」をベースとし、治療家が施術する方法と、その一部をセルフケア用にアレンジしたものの2本柱で展開している。身体に優しくアスリートから高齢者まで利用可能で、痛みのおよそ8割を改善できる。
セルフメンテナンスでは、スポーツ業界で認知度の高い「キネシオテープ」を使用する。このテープは、患部を圧迫固定することなく弱った筋肉や関節の動きをサポートできる。貼ると身体が軽くなり動きやすくなる。入浴も可能で、QOLは飛躍的に向上する。定期的なケアで、テープ無しでも調子良い身体で過ごせる時間が増える。

【Body Tuning Labo K7”】足腰のケガ・痛みを予防する、新しいアプローチのカラダメンテナンス法普及活動

関連リンク

  • 厚生労働省
  • 健康日本21
  • e-ヘルスネット
  • がん対策推進企業アクション
  • 保健指導リソースガイド
  • ヘルスケアラボ
  • 喫煙対策
  • FUN+WALK
  • beyoud 2020