> 活動報告 > 2015年04月 >【京都府 精華町】職員への意識調査を実施

活動報告

2015年4月22日

【京都府 精華町】職員への意識調査を実施

 精華町では、「健康長寿のまちづくり」をめざし、町民一人ひとりが健康づくりに主体的に参画することで、笑顔でつながり地域で支えあいながら、健やかで元気に満ちた地域社会を実現するための取り組みとして、『せいか365プロジェクト(せいか365運動)』を推進しています。  せいか365プロジェクトを全庁的に推進するため、庁内にせいか365推進本部を設置し、本部内にテーマごとの部会を組織し、相互に連携を図りながら活動を展開しているところです。
 その部会の一つの「職員運動推進部会」において、町職員の「健康」に対する意識と関心を高めるための具体的な検討を進めるにあたり、その基礎資料として「健康意識・実態調査」を実施しています。
 せいか365プロジェクトの2年目となる平成27年2月に全職員を対象に調査を実施し、268名(87.6%)から回答がありました。
 調査項目は、「せいか365」の理解度や自分の健康状態の評価、自己の健康の取組みなどの設問となっています。
 今年度の調査結果では、「せいか365プロジェクト」を通して、職員の健康に対する意識が、昨年度に比べ高まり、なるべく歩くや軽運動、生活習慣の改善への取組みも浸透してきていることが伺えました。
 今後も、引き続き調査を実施し、その結果をもとに、取り組み検討などを行い、プロジェクトの推進を図っていきます。