> 活動報告 > 2015年01月 >【名桜大学健康・長寿サポートセンター】JOYSOUND FESTAを使用した高齢者運動教室とゆんたく会を開催

活動報告

2015年1月26日

【名桜大学健康・長寿サポートセンター】JOYSOUND FESTAを使用した高齢者運動教室とゆんたく会を開催

 名桜大学健康・長寿サポートセンターでは、楽しく楽〜に運動やゆんたく(雑談会)を開催するべく、JOYSOUND FESTAという機器(株式会社エクシング社製)を用い爆笑健康運動教室を開催しています。JOYSOUND FESTAは、カラオケはもちろん、映像を用いてフラダンスなどの様々な体操やクイズ、あやとり、折り紙など!のツールを兼ね備えている機器で、運動から娯楽までを、誰でも無理なく手間を掛けずに効果的に楽しく実施できる特徴を兼ね備えています。
 健康・長寿サポートセンターとその傘下のヘルサポの学生が、JOYSOUND FESTAを用いながら健康支援を行ない、地域コミュニティの活性化に取り組んでいます。

 今回開催したのは名護市の宮里区公民館にて行ないました。参加者は70歳以上の高齢者の方々で、色々JOY体操(恋のバカンス)、名曲健康体操(涙そうそう)、パタカラ(富士山、一月一日)、イラスト記憶クイズ(初級4問→中級3問→上級2問)、折り紙作成(はと)、カラオケ(鳩ぽっぽ・赤とんぼ)を一通り実施しました。これらの活動がJOYSOUND FESTAですべて網羅することができ、新しい健康支援の形としてとても大きな成果を上げているところです。

 今回初めて来たという参加者もいて、「こういう機会がないといろんな人と触れ合うことはないから楽しかった。ありがとう。」という言葉をいただきました。また、参加した学生は、ヘルサポの活動が地域のコミュニティの活性化の助けになっていると実感でき、今後も頑張っていきたいとコメントを残しました。

【名桜大学健康・長寿サポートセンター】JOYSOUND FESTAを使用した高齢者運動教室とゆんたく会を開催
【名桜大学健康・長寿サポートセンター】JOYSOUND FESTAを使用した高齢者運動教室とゆんたく会を開催