> 活動報告 > 2014年09月 >【名桜大学健康・長寿サポートセンター 】東村における健康ウォーキングコース策定の実施

活動報告

2014年9月12日

【名桜大学健康・長寿サポートセンター】東村における健康ウォーキングコース策定の実施

 名桜大学と「健康支援活動提携協定」を結んでいる東村において、ウォーキングコースの策定活動を開始しました。東村には全部で6つの区があり、各区2コース(うち1つの区のみ1コース)ずつウォーキングコースの策定を行います。

 東村は「花と水とパインの村」というキャッチフレーズを掲げ、やんばるの自然がとても豊かな村です。ウォーキングコースの中には、パイナップル畑のすぐ近くを歩くコースや名護とは正反対の東海岸の海を見渡しながら歩くことができるコース、晴れた日には最高の景色を堪能できる絶景ポイントが含まれたコースなど、東村の魅力をたくさん感じることができるコースがあります。やんばるの自然や村民の住む集落の中を歩くと、まるで探検家になったような気分を味わうことができるよう。これから本格的な策定活動に入っていきます。今後も情報を発信していきますのでお楽しみに!

【名桜大学健康・長寿サポートセンター】東村における健康ウォーキングコース策定の実施
【名桜大学健康・長寿サポートセンター】東村における健康ウォーキングコース策定の実施
【名桜大学健康・長寿サポートセンター】東村における健康ウォーキングコース策定の実施