> 活動報告 > 2014年08月 >【長野県箕輪町】「ひと味違う箕輪の子ども育成事業10周年イベント」盛大に開催!

活動報告

2014年8月20日

【長野県箕輪町】「ひと味違う箕輪の子ども育成事業10周年イベント」盛大に開催!

 箕輪町では平成15年から「ひと味ちがう箕輪の子ども育成事業」を行ってきました。「運動遊び」「食育」「英語あそび・英語活動」「読育」を4本の柱として、健康で知力に富み、国際舞台で活躍できる子どもの成長を目指しています。
 今年は、本事業が始まって10年が経過した節目であったため、「ひと味ちがう箕輪の子ども育成事業10周年イベント」として7月12日に、実践報告や講演会などのイベントを行いました。総勢470人の来場者が詰めかけ、客席はほぼ満員となりました。
 
 イベントは第一部と第二部に分けて行われ、第一部では、保育園児による英語あそび・運動あそびの実践報告が行われました。園児が、側転や鉄棒、跳び箱をきれいに決めると、来場者からは大きな拍手が巻き起こりました。
 
 その後、運動あそび事業の開始から指導をいただいている松本短期大学の栁澤秋孝名誉教授による講演が行われ、幼児期、児童期の運動体験の大切さを解説しました。運動あそびの目的は、体力作りだけではなく、全身運動で脳を刺激し、感情をコントロールする前頭葉を活性化させコミュニケーション能力の向上も図っています。体力作りと、コミュニケーション能力の向上により、心身ともに健康な体作りを目指しています。
 運動あそびの実績として、箕輪町で運動あそびを導入した平成15年当時の年中組さんが、小学校5年生になった時の全国体力測定で、総合評価が男女ともに全国トップクラスという結果が出ました。この結果をみても、運動あそびが子どもの運動能力に与える影響は少なくないと言えるのではないでしょうか。
 
 第二部ではテレビ・ラジオでなど、多方面で活躍する三四六さんを講師に招き「一人ひとりの子どもが輝くために~今、本当に必要なこととは~」と題した講演会が開催されました。ご自身の経験談などを交えた熱く、楽しいトークに会場はたくさんの笑いと感動に包まれました。

【長野県箕輪町】「ひと味違う箕輪の子ども育成事業10周年イベント」盛大に開催!
【長野県箕輪町】「ひと味違う箕輪の子ども育成事業10周年イベント」盛大に開催!
【長野県箕輪町】「ひと味違う箕輪の子ども育成事業10周年イベント」盛大に開催!