> 活動報告 > 2014年08月 >【長野県箕輪町】みのわ健康アカデミー第2回集団健康講座「寝たきりを半分に減らす!」

活動報告

2014年8月8日

【長野県箕輪町】みのわ健康アカデミー第2回集団健康講座「寝たきりを半分に減らす!」

 平成26年4月24日 みのわ健康アカデミー「第2回集団健康講座」がありました。長野市国保大岡診療所所長の内場廉先生をお招きし、「寝たきりを半分に減らす!」ということでご講演いただきました。
 今回は箕輪町保健補導員会総会との合同で、約250人が聴講しました。
 寝たきりを半分に減らすために、脳卒中を減らしたい。脳卒中を減らすために、血管を健やかに保ちたい。血管を健やかに保つために、「毎朝体重をはかる」「毎朝血圧をはかる」「食事のはじめに10分間野菜を食べる」等の心がけの提案がありました。
 毎日の診療の経験から、多くの患者さんのデータを分析し、なぜこの心がけが大切なのか、熱く語ってくださいました。
 そして、「あなたのそういう行動が、子どもや孫を健康にする」とまとめ、会場からの大きな拍手で集団健康講座を閉じました。参加者からは、「大変いいお話でした。子どもや孫のためにも野菜たっぷりの減塩料理を作っていきたいと思います。」等の感想が聞かれました。

【長野県箕輪町】みのわ健康アカデミー第2回集団健康講座「寝たきりを半分に減らす!」
【長野県箕輪町】みのわ健康アカデミー第2回集団健康講座「寝たきりを半分に減らす!」
【長野県箕輪町】みのわ健康アカデミー第2回集団健康講座「寝たきりを半分に減らす!」