> 活動報告 > 2014年08月 >【京都府 精華町】精華町と同志社大学生が「健康プロジェクト」で連携

活動報告

2014年8月20日

【京都府 精華町】精華町と同志社大学生が「健康プロジェクト」で連携

 精華町は「健康長寿のまちづくりの実現」をめざし、全町的な健康づくり運動として『せいか365プロジェクト』を推進しています。平成26年度の重点項目は「歩く」と「食」です。
そこで、精華町と同志社大学は包括連携協定を結び、「歩く」をテーマとした健康づくりプロジェクトに取り組んでいます。
先日、同大学スポーツ健康科学部の石井好二郎教授の指導のもと、本町に対して同大生11人が調査研究した内容の報告と提案を行いました。
ウオーキング大会の開催や町内5つのウオーキングコースの設定、ウオーキングマイレージの導入など、学生らしい斬新な発想による健康づくりの方策が提案されました。
今後は、これらの提案内容を参考に、町の健康づくり事業を推進していく予定です。

【京都府 精華町】精華町と同志社大学生が「健康プロジェクト」で連携