> 活動報告 > 2014年06月 >【長野県箕輪町】みのわ健康アカデミー入学式&入学記念講演・第1回集団健康講座

活動報告

2014年6月17日

【長野県箕輪町】みのわ健康アカデミー入学式&入学記念講演・第1回集団健康講座

箕輪町では、『みのわ健康アカデミー』という町オリジナルの事業を行っています。信州大学 教育学部・医学研究科大学院 寺沢教授(医学博士)の監修のもと「運動とコミュニケーション」の理論を取り入れ、健康づくり習慣を確立するためのプログラムを実施する事業です。
『みのわ健康アカデミー』では、箕輪町長を学長、信州大学寺沢教授を副学長とし、
○健康運動指導士による個別運動トレーニング
○管理栄養士による栄養指導
○保健師による保健指導
○歯科衛生士による歯科指導
の上記4つの学習を中心に、集団健康講座という現役医師や元オリンピック選手などを講師に招き、健康づくりに欠かせないエッセンスを教えていただくなど、多岐にわたって取り組んでいます。
また、様々なアカデミー行事を企画し、現役生とOB・OGとのつながりも日々強まってきています。今年度で10年目を迎え、「健康づくり日本一の町」を目指して事業を行っています。
4月14日、第10期生の「みのわ健康アカデミー入学式」が行われました。今回の10期生は46名の方々が入学されました。10年目を迎える「みのわ健康アカデミー」ですが、今回初めて男性の入学者が女性より多くなり、箕輪町の男性の健康に対する意識の高まりを感じました。(男性25名:女性21名)
入学式では、学長あいさつ、スタッフ紹介など行った後、入学記念講演・第1回集団健康講座として本アカデミーの副学長でもある信州大学寺沢教授の講演を10期生全員で聞きました。寺沢先生の講演の中には、9期生までのアカデミーの実績を報告していただいたり、実際にその場でストレッチをしたり、また、単に運動をするだけでなく、認知症を予防するトレーニングをプログラムに入れて提案していただいたりと10期生の46名全員が実りある学習をすることができ、今後、自分自身の健康づくりの励みになっていたようです。
今後ますます「みのわ健康アカデミー」の発展と箕輪町の「健康づくり日本一の町」を目指して事業を展開していきます。

【長野県箕輪町】みのわ健康アカデミー入学式&入学記念講演・第1回集団健康講座
【長野県箕輪町】みのわ健康アカデミー入学式&入学記念講演・第1回集団健康講座
【長野県箕輪町】みのわ健康アカデミー入学式&入学記念講演・第1回集団健康講座