> 活動報告 > 2014年06月 >【公益財団法人横浜YMCA】ヘルシーキッズキャンペーン終了

活動報告

2014年6月17日

【公益財団法人横浜YMCA】ヘルシーキッズキャンペーン終了

公益財団法人横浜YMCAでは、家族が一緒に子どもたちの健康を考える機会として「YMCAヘルシーキッズキャンペーン」を4月29日から6月1日までの約1カ月間にわたり、県内にある横浜中央、北、湘南とつか、藤沢、横須賀、川崎、厚木、山手台、金沢八景の9つのYMCAを中心に体験会や講習会行ってきました。延べ約1800人の参加者と共に健康について考える機会をもつことができました。
文部科学省の「体力・運動能力調査」によると、1985年頃を境に、子どもの「走る」「投げる力」「握力」などは全年代において長期的に低下の傾向がみられていましたが、ようやくここ数年歯止めがかかったといわれています。
もともと横浜YMCAのヘルシーキッズキャンペーンは、子どもたちの健やかな心と体の成長を願い、「よく食べ、よく動き、よく眠る」=調和の取れた食事、適切な運動、十分な休養と睡眠という3原則をふまえた生活習慣を身につけることを目的に始まったものであります。YMCAだけでなく地域団体、企業と協働してのキャンペーンであります。昨年からはバランス、反応などの能力を活用し、その時の状況や五感で察知したものを判断して筋肉を動かすといった一連の過程をスムーズにすることを目的にした「YMCAキッズ・コーディネーション」の取り組みも行われてきました。
昨年に引き続き、大塚製薬株式会社の協賛により、夏を前に“熱中症予防の水分補給のあり方”について社員のみなさんが紙芝居をおこなったり、パンフレットを配布したりと子どもから大人まで健康管理のひとつとして学ぶ時ももてたようであります。
引き続き次年度も横浜YMCAでは、子どもが楽しく運動できる機会の提供や子どもたちを取り囲む保護者の健康な心と体づくりの支援を行っていきたいと思います。
(公益財団法人横浜YMCA 厚木YMCA 健康運動指導士 吉永 貴弘)

【公益財団法人横浜YMCA】ヘルシーキッズキャンペーン終了