> 活動報告 > 2014年05月 >【花王健康科学研究会】ヘルスケアレポート43号「日常生活でのからだを動かす大切さ」を発行

活動報告

2014年5月21日

【花王健康科学研究会】ヘルスケアレポート43号「日常生活でのからだを動かす大切さ」を発行

■目的および概要■
花王健康科学研究会は最新の健康啓発情報および健康寿命の延伸のための最新情報提供を目的として、“KAOヘルスケアレポート”の発行配布活動を行っています。今回、「日常生活でのからだを動かす大切さ」をテーマに、レポート43号を発行しました。
<今回の特集およびテーマ背景>
健康づくりに関する多くの科学的知見の蓄積もより、最近では運動だけでなく、日常生活全般において、からだを動かすこと(生活活動)を含めた「身体活動」が重要であることがわかってきました。今回の特集では、健康長寿の実現に向けた健康づくりにおいて、身体活動量を増やすことの重要性と、その具体例として、誰もが気軽に取り組める「歩くこと」の効果やポイントについて、わかりやすくまとめて紹介致しました。
以下に、その概要をまとめましたので、現場で健康づくりに取り組む方々への保健指導、および健康寿命をのばすための“きっかけづくり”の1つとなればと思います。

■レポート43号(全16ページ)の詳細
特集「日常生活でのからだを動かす大切さ」
※表紙に「スマート・ライフ・プロジェクト」ロゴマーク使用(図1)

-レポートの全体構成-(図2)
1)【巻頭インタビュー】(p.4-6)
「健康づくりにおける身体活動の重要性」
宮地 元彦 先生
(独立行政法人国立健康・栄養研究所 健康増進研究部長 運動ガイドライン研究室長)
2)【研究・健康レポート】(p.7-9) : 図3
「高齢者の日常身体活動の特性と健康の科学的解明 -身体活動量計を用いた中之条研究の成果-」
青栁 幸利 先生
(地方独立行政法人東京都健康長寿医療センター研究所 老化制御研究チーム 副部長)
3)その他(p.10-15)
【研究会10周年記念冊子“第2弾”ご紹介】、【新連載:身近な暮らしのヘルスケア&キュア】、【2014年度第12回研究助成・応募要項】などを掲載しています。

※詳細につきましては、下記ホームページでご覧戴けます。
■花王健康科学研究会ホームページ:
http://www.kao.co.jp/rd/healthcare/
■お問い合わせ先:
花王健康科学研究会(担当:佐久間)
TEL:03-5630-7478/FAX:03-5630-7260
Email:kenkou-rd@kao.co.jp

【花王健康科学研究会】ヘルスケアレポート43号「日常生活でのからだを動かす大切さ」を発行
【花王健康科学研究会】ヘルスケアレポート43号「日常生活でのからだを動かす大切さ」を発行
【花王健康科学研究会】ヘルスケアレポート43号「日常生活でのからだを動かす大切さ」を発行