> 活動報告 > 2014年01月 >【新潟県妙高市役所】「地域医療を考える市民研修会」を開催しました。

活動報告

2014年1月21日

【新潟県妙高市役所】「地域医療を考える市民研修会」を開催しました。

平成25年11月28日、市役所(コラボホール)を会場に「地域医療を考える市民研修会」として、けいなん総合病院の政二文明(まさにふみあき)副院長を講師に招いた講演を行いました。
講演では、「健康寿命を伸ばすために」と題して、日常で介護を必要としない生活を過ごすために必要なポイントを講師から説明がありました。1つ目は、タンパク質が欠乏しないよう1日3度バランスの良い食事をとること。2つ目は、定期的に準備運動やバランス運動をとることで、転倒をしないようにすることです。
会場に集まった市民約90人の中には、熱心にメモをとったり、話にうなずいたりする様子がうかがわれ、健康に対する意識が高まったようです。
(市職員へ)
総合健康都市を目指す当市職員として、健康寿命の延伸、医療機関等との連携など常に意識すべき事項です。職員は積極的にこのような講演会に出席しましょう!

【新潟県妙高市役所】「地域医療を考える市民研修会」を開催しました。
【新潟県妙高市役所】「地域医療を考える市民研修会」を開催しました。