> 活動報告 > 2013年08月 >【太陽生命健康保険組合】太陽生命健康保険組合と事業主との健康事業の協働(健康の維持・増進活動の推進)

活動報告

2013年8月6日

【太陽生命健康保険組合】太陽生命健康保険組合と事業主との健康事業の協働(健康の維持・増進活動の推進)

平成25年度より健保組合と会社が中心となり、「健康維持・増進に向けての取組み」をスタートいたしました。

●主な内容は4点です。
・健康に対する意識を高め、生活習慣改善(食事・運動・禁煙)に取り組む。人事部・健保組合では、そのような改善施策を実施していく。
・健診受診を徹底し、要再検査者に対して早期改善につなげるよう各職場が人事部、健康保険組合、産業医と連携してバックアップし対応していく。
・人事部と健康保険組合は所属毎の生活習慣、喫煙、メンタル等健康に関するデータを把握し、必要に応じて個別指導を実施、また所属毎の問題点等の解決に向けた施策に取り組む。
・現状取り組み不十分な不適正な医療費請求の是正等について、健康保険組合から案内、照会する。

●25年7月までの具体的な取り組みは次のとおりです。
・「健康維持・推進」を各職場で取り組むべく、「健康推進連絡員」を設置(4月)
・23年度特定健診の結果で重症者予備軍を洗い出し、事業主を通じて対象者に再検査を勧奨
(4月。ただし人事部のみ)
・「がん検診企業アクション」へ参加。被保険者全員に、「がん検診のススメ」を配付(5月)
・各職場に血圧計を配付。
・世界禁煙デーに就業時間中の禁煙を努力目標として提示(5月。人事部より通知)。
・25年度人間ドック受診者(定期健康診断受診者)のリストを健康推進連絡員に管理させ、未受診者が出ないように徹底(6月)
・ジェネリック医薬品(後発薬)の積極的使用について周知。
・人間ドックにおいて、巡回検診時、バリウムを飲まないことを選択した場合、代わりにピロリ菌検査をすることを周知(6月)
・特定健診対象者に対し、取り組みの有無を確認。最後まで取り組む意思のある者には特定健診を受けてもらい、やる気のない者、最後までできる自身のない者については自助努力で対応してもらうべく、最初に意思確認を実施(6月)

●今後の対応
「健康の維持・増進」施策を打ち出してまいります。これによる組合員の満足度の向上にもつながるようにしていきたいと思います。