> 活動報告 > 2013年03月 >【国立がん研究センターがん対策情報センターたばこ政策研究部】命を守る国際条約「FCTCの日」記念インターネットライブシンポジウム

活動報告

2013年3月6日

【国立がん研究センターがん対策情報センターたばこ政策研究部】
命を守る国際条約「FCTCの日」記念インターネットライブシンポジウム

→国立がん研究センターがん対策情報センターたばこ政策研究部

2013年2月27日(水)14:00-18:00、ユーストリーム番組をライブ配信しました。録画は「FCTCの日.jp」から。

〜Faces of the Future〜「たばこ規制枠組条約の現状とこれから」

2月27日は「FCTC(たばこ規制枠組条約)の日」。FCTCとは人々をたばこの害から守るために世界保健機関(WHO)が定めた国際条約です。今年はFCTCが世界の合意として策定されてから10年、日本政府が批准してから9年、そしてFCTCが発効(国際的に効力をもつこと)してから8年目。この間、全国に花開いたタバコフリーポリシーとそれを支える各地のタバコフリーアクション。FCTCで何が変わったか、これからどこを目指すべきか、何を乗り越えていくべきか、何が生まれたか。SNSを駆使して徹底討論し、明日への連帯と活動に繋げたいと思います。
国立がん研究センター内のスタジオと国内外の各地をSKYPEとUstreamで多元中継しました。

プログラム:
1.世界は動く-Think Globally「FCTC→国際条約を“市民”の手に」ーボストン中継
2.地域も動く-Act Locally「個人、組織、立場、地域の“多様性”」ー愛媛中継
3.国は動くか- Move-on Nationally「リスク社会と“政治”」ー沖縄中継
4.市民の力で-The Civil Power「政治を動かす“ソーシャルムーブメント”」ージュネーブ中継

司会:
望月友美子(国立がん研究センター、「喫煙と健康」WHO指定研究協力センター」
森田純二(香川・タバコの害から健康を守る会、日本禁煙学会)

会場討論者:
大島明(日本禁煙推進医師歯科医師連盟)
北田雅子(札幌学院大学)
小宮山洋子(フリージャーナリスト)
関口正俊(スモークフリーキャラバン)
野村英樹(杏林大学)
中久木一乗(タバコ問題首都圏協議会)
埴岡隆(福岡歯科大学)
原田謙介(NPO法人YouthCreate)
原田正平(国立成育医療研究センター)
堀田知光(国立がん研究センター)
安田雄司(NPO法人京都禁煙推進研究会)
山田修久(NPO法人山形県喫煙問題研究会)

命を守る国際条約「FCTCの日」記念インターネットライブシンポジウム