> 活動報告 > 2013年01月 >【国立がん研究センターがん対策情報センターたばこ政策研究部】UICC世界対がんデー公開ワークショップ「小学生からのがん教育」

活動報告

2013年1月10日

【国立がん研究センターがん対策情報センターたばこ政策研究部】UICC世界対がんデー公開ワークショップ「小学生からのがん教育」

→国立がん研究センターがん対策情報センターたばこ政策研究部

2月4日は「世界対がんデー」です。国際対がん連合(UICC)は、世界中の対がん組織と連携し、キャンペーンを展開しています。「小学生からのがん教育」をテーマに公開ワークショップを開き、問題を掘り下げ、解決策を探ります。

●日時:2013年2月4日(月)14:00〜17:00参加無料
●会場:独立行政法人国立がん研究センター国際研究交流会館
   (会場=東京都中央区築地5-1-1=へはこちらのページを参照)
●主催:UICC日本委員会、日本対がん協会
●共催:国立がん研究センター

■プログラム

14:00-14:05 開会挨拶
*垣添忠生(UICC日本委員会/日本対がん協会)
14:00-14:05 開会挨拶
*垣添忠生(UICC日本委員会/日本対がん協会)
14:05-14:15 問題提起:なぜ小学生からのがん教育か
*北川知行(UICC日本委員会/がん研究会研究所)
14:15-15:30 問題抽出:実践者からの報告
*座長 望月友美子(国立がん研究センター)
*行政の立場から 小竹桃子(東京都荒川区)
*患者の立場から 桜井なおみ(NPO法人HOPEプロジェクト)
*医師の立場から 道永麻里(日本医師会)
*研究者の立場から 片野田耕太・助友裕子(国立がん研究センター)
*現場の立場から(映像出演) 宮原卓(神奈川県開成小学校)・開成小学校の生徒たち
15:40-16:55 問題解決への道筋:参加者による発言と討論
*座長 門田守人(UICC日本委員会/がん研有明病院/がん対策推進協議会)
16:55-17:00 閉会挨拶
*田島和雄(UICC/愛知県がんセンター研究所)

■申し込み方法

「日本対がん協会・世界対がんデー公開ワークショップ係」宛に、以下のいずれかの方法でお申し込みください。

①メール:office@jcancer.jp (メールで返信します。お名前をお書きください)
②FAX:03-5222-6700(FAXで返信します。FAX番号とお名前をお書きください)
③往復はがき:(返信用はがきに、住所、氏名を書き、下記住所にお申し込みください)
日本対がん協会・世界対がんデー公開ワークショップ係
〒100-0006 東京都千代田区有楽町2-5-1 マリオン13階  TEL 03-5218-4771

UICC世界対がんデー