> 活動報告 > 2012年12月 >【健康文化創造チームグクル】グクルの森〜地域特性を活かしたヘルスコミュニティ(健康サロン&カフェ)の運営

活動報告

2012年12月27日

【健康文化創造チームグクル】グクルの森〜地域特性を活かしたヘルスコミュニティ(健康サロン&カフェ)の運営

地域特性を活かしたヘルスコミュニティ(健康サロン&カフェ)の運営を行っている。地域・元気・コミュニケーションをキーワードに、住民・企業と行政の中間的役割、つなぎ役として、『一人ひとりの健康は地域の元気』をモットーとし、様々な世代の方に、気軽で、続けられる、健康づくりをすすめている。

つながりを大切にした「人中心型」のヘルスコミュニティの育成を行い、地域に根ざした、持続性ある健康文化の場をつくる。

行政と住民の中間的な役割、つなぎ役として健康を中心としたまちづくりをすすめており、地域の日常生活を土台にした健康づくり、いいとこ見つけをしながら、一人ひとりの健康を、地域の元気へつなげていく。いつまでも元気な生活が送れるように①食事、②運動、③休養に加え、④ストレス管理、⑤生きがい、⑥活躍、⑦自分らしさ、⑧人間関係のバランス調整を意識したプログラムづくりをしている。「楽しい」をモットーに、参加者の負担(参加費)で事業を行い、自分の健康は自分で“創る”ことへの、気づきのきっかけ、行動変容につながる運営を目指している。