> 活動報告 > 2012年09月 >【松本市&松本薬剤師会】受動喫煙防止フォーラム「タバコと向き合う松本スタイル」を開催しました

活動報告

2012年9月27日

【松本市&松本薬剤師会】受動喫煙防止フォーラム「タバコと向き合う松本スタイル」を開催しました

→松本市 ~健康寿命延伸都市・松本~

受動喫煙防止フォーラム「タバコと向き合う松本スタイル」

 松本市では、受動喫煙防止フォーラム「タバコと向き合う松本スタイル」を9月8日(土)に松本勤労者福祉センターで開催しました。

 「タバコと向き合う松本スタイル」について、市から概要等を説明するとともに、厚生労働省が展開するスマートライフプロジェクトの理念に賛同し、「健康寿命延伸都市・松本」として、このプロジェクトに積極的に関わっていくことを報告しました。
続いて、松本薬剤師会常任理事の田多井健介さんから「喫煙防止教育の検証及び考察」と題して、市内の小中学校での喫煙防止教育の活動報告や、受講した子どもたちの感想などについて講演していただきました。
 また、落語家の三遊亭白鳥さんからは、「タバコの害と禁煙について~ニコチン大王をやっつけろ~」と題した創作落語で、「愛煙家の高齢者がニコチン大王から、たばこの煙が自分や周りの人の健康を害していたことを知らされる。」ことについて笑いを交えながら、披露していただきました。

 会場内には、松本薬剤師会のご協力を得て、薬剤師さんによる禁煙相談や呼気一酸化炭素濃度測定、禁煙グッズの紹介ブースを設け、たばこに関するポスターの掲示を行い、受動喫煙防止の啓発に努めました。
 

創作落語を披露する三遊亭白鳥さん

創作落語を披露する三遊亭白鳥さん

会場の入口へスマートライフプロジェクトのポスターを掲出

会場の入口へスマートライフプロジェクトのポスターを掲出

【会場の様子】

会場の様子

会場の様子

会場の様子