> 活動報告 > 2012年09月 >【フードサービス研究会】クライアントに対する助言の円滑化を目指して

活動報告

2012年9月27日

【フードサービス研究会】クライアントに対する助言の円滑化を目指して

神奈川県の中小企業診断士の有志から成る当研究会は、各メンバーのクライアントとなる事業体に対する助言の円滑化を図るべく日頃から研鑽活動を行っています。その一環として横浜市内でグループ内部の研究会を定期的に開催しています。

今月は15日に一堂に会し、中小企業診断士にとり受験勉強だけでは習得困難な「農業をはじめとする第1次産業」「地方自治体レベルの取組」をテーマとし、地元の農業を中心とした知識の補充を図りました。

我々のこうした取組により、クライアントとなる事業体がより良い食を提供できることを、願っています。