> 活動報告 > 2012年09月 >【ローソン健康保険組合】健診結果判定プログラム展開について

活動報告

2012年9月21日

【ローソン健康保険組合】健診結果判定プログラム展開について

→ローソン健康保険組合

ローソン健康保険組合では、ホームページ上で健康診断の結果の数値を入力すると、入力した数値が基準値内なのか、もしくは基準値外なのかを判定し、基準値外であれば生活習慣を改善するアドバイスを表示するプログラムを展開中です。
入力過程では健診の項目自体の説明を表示する機能もあり、数値を入力するだけでなく、健診項目に対する知識も深めることができます。また、入力した数値に応じた棒グラフと改善アドバイスはPDFで出力でき、保存・印刷が可能となっております。
本プログラムは健診結果のランク判定だけでは意識することができない数値改善のポイントをアドバイスすることにより、生活習慣の改善を促し行動変容につなげることを目的としており、その一環として「生活改善アクションチェック」シートも出力できるようになっております。「生活改善アクションチェック」シートは健診結果判定プログラムでの判定を踏まえた上で達成できていない目標を選択し、日々の実行記録をつけて健康保険組合に提出することで健康ポイントが付与されます。
尚、来年度は他の方の平均値と自分の検査数値を比較する事で、本人に自覚症状が少ない生活習慣病の予防を促し行動変容につなげることと、健診習慣のない被扶養者にも健診の必要性を感じてもらい、また、利用しやすいシステムにバージョンアップしていきたいと考えています。

健康ポイント制度についてはコチラ

■内容
1.健診結果判定プログラム 平成24年9月1日~平成24年10月2日
2.生活改善アクションチェックに基づく生活習慣改善 平成24年9月10日~平成24年11月30日

健診結果判定プログラム