> 活動報告 > 2011年11月 >【花王健康科学研究会】KAOヘルスケアレポート34号「高齢社会と介護予防」を発行

活動報告

2011年11月11日

KAOヘルスケアレポート34号「高齢社会と介護予防」を発行

→花王健康科学研究会

■概要
花王健康科学研究会では最新の健康啓発情報の提供を目的として、KAOヘルスケアレポートの発行配布活動を行っております。今回、「高齢社会と介護予防」をテーマとして、ヘルスケアレポート34号を発行致しました。その中で、行政の取り組みや老化に関する長期疫学研究など、健康寿命を延ばすための取り組みについて紹介致しました。以下に、その活動報告として、レポート34号の概要をまとめました。

■詳細
具体的には、超高齢社会を迎え介護予防の重要性が高まっている中、健康寿命を延ばすための取り組みとして、以下の項目を取り上げ、その内容をレポートに掲載致しました。また、今回もレポート34号表紙に、「スマート・ライフ・プロジェクト」を応援するロゴマークを使用。
・行政の介護予防事業への取り組み
・日本人での長期縦断疫学研究から得られた知見紹介
(老化、認知症に及ぼす生活習慣など)
・認知症予防のための棒体操の紹介、
・簡単エクササイズ
・介護予防に役立つウェブサイトの紹介

※詳細につきましては、下記ホームページでご覧戴けます。
→花王健康科学研究会ホームページ

KAOヘルスケアレポート34号